slowly


keep slowly.fishing.outdoor.coffeeroast.life.

必然的な出会い①(20160701-3)

この数日間の出来事。
書き残しておきたい事がありすぎて整理がつかない。
乱文になりそう。時間がたって読み返した時に追記やらすればいいかな?

多くの人と出会う中で、この出会いは必然だったんだと思うことがある。
相手がどう思っているか?はわからない。ボクの一方的な思いかも知れない。
ちなみのわが家はボクの一方的な片思いで成り立っている。

20160705-1


コトの始まりはRESULT QUALITY  さんといつか一緒に竿を並べましょう!から

「カトーさぁ~ん、中部地区にとても素敵なプラッガー達がいるんですよ!是非」
ってコトで企画が始まる。ボクも関東のメンバーに声をかける。RESULT QUALITY は関西。
Navarroカヌー4艇、総勢10名の「Camp&Surface」が動き出す。

愉快な旅の始まり。

20160705-2

旅に寄り道はつきもの。
まさかのタイミングで古い友人が立ち上げたDeepersWearを展開するALLYOURSさんの1周年イベントに。
彼らとの出会いは必然だった とボクは思っている。

彼らのプロダクトは、ボク達のユルいアウトドアスタイルにしっくり馴染む。
多くのプラッガーやキャンパーの皆さんに知ってもらえたら良いと思っている。

彼らのHPより抜粋

服を選ぶとき、何を基準に選んでいますか。
天候や環境を考えて服を選ぼうとすると、着られる服が制限されてしまう、
そんな経験ありませんか。

DEEPER'S WEAR は、
服の本来あるべき姿とは、時代・地理・天候・年齢・ライフスタイルなど、
あらゆる環境や人それぞれの日常に順応することなのではないか、という理念のもと、
日常生活(LIFE)で服に求められる機能(SPEC)を追求した日常着(WEAR)、
「LIFE-SPEC WEAR」をコンセプトにしたブランドです。




彼らのプロダクトを一部紹介。



20160705-5


旧知の仲間と近況報告なんかで盛り上がってからの、中央高速道路を夜通しを走る。
高鳴る気持ちを抑えながらのクルーズ。途中でピックアップした仲間との会話も弾む。


20160705-4


現地の到着すると、ダムサイトでオトコ達の宴がはじまっていた。
ほとんど始めて同士の集まり。一瞬で距離感がなくなる。いきなりハイタッチからの挨拶。
趣味でつながった仲間達との心地良い時間が流れる。この出会いも間違えなく必然。

20160705-3


そのまま朝。トップウォータープラッガー達のセッションの始まり。

続きは次回。


関連記事
スポンサーサイト

■ プロフィール

slowly

Author:slowly
keep slowly.
fishing.outdoor.coffeeroast.life.

■ 最新記事

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ QRコード

QR


まとめ