slowly


keep slowly.fishing.outdoor.coffeeroast.life.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい愉しみ(20170527)

空前のバスフィッシングブームに小学生だったボクは、「釣りトップ」から始まって「Tacklebox」や「Angling」なんかを読み漁っては、釣具店のおっちゃんにカモられていた・・・・

思春期になり釣りはモテない事に気づく。←モテてた人すいません。辿りついた答えは降りてきたことなんかないのに「ロックの神様が降りてきたZE!」。あの頃は、バンドマン・サーファー・ヤンキーのどれかがモテるとされていた。←個人的見解。消去法でバンドマンしかなかったんだよ。根性はなかったし運動なんてもってのほかだった。

少し歪んだ思春期が過ぎ、オトナになって釣りを再開。Basserを読みながら、この遊びの奥深さを知る。どこでどう間違えた?水面にしか興味を持てないおかしなおじさんに・・・・伝説の「Budd & Joey」が表紙のアレ。責任者出てきてくださいwww.
ここのところトップウォーター以外にも食指が動き始めている。元々釣り小僧。自然な成り行きな気もする。

20160831-20

ひとつはバスバギング。
昨年、念願かなってバスバギングのデビューを果たす。まだ、ギルしか釣ってないけどwww.
先人の皆さんに稽古をつけてもらう事が出来た。→バスバギングの集い
重たいバスバグを扱うための、道具だて、ライン選び、リーダーの考え方、ループが折れないコツなど色々な事を教わった。今年は、何とかイッピキいただきたいところ。
↑師匠のタイイングは圧巻。海外の釣り人からもリクエストがあるらしい。このバスバグに出会ったので自分では一切巻かないことを誓う。だってムリだし。
20170528-150


もう一つはスピ二ングの釣り。
こちらも昨年管釣りデビュー。→その時のブログ
いつもより繊細な道具だて。ラインを伝ってくるルアーのブルブル感からのストライク。気分は、子供のころ読みあさったAnglingの誌面?釣キチ三平の北海道イトウ編?←大げさ。
グラス製で飴色のロッド。ミッチェルやアブなんかのスピニングリール。ラパラやニルズマスター、アメリカものならバグリーやレーベル、日本ならザウルスなんかのプラグたち。ハマるに決まっている。


20170528-1


1192



そんな折、ガルシアのコロノンに出会う。リールを物色していると、ミッチェル309のデッドストックが!抵抗できる訳がない。もうすぐ誕生日だし・出会いだし・ブツブツブツ・・・ありったけの言い訳で正当化。ロックの神様は降りて来ないけど・・・物欲の神様は簡単に降りてくる。


次に釣行できるのはいつだろう?釣れても釣れなくてもブログにします。お時間があればお付き合い下さい。

では。
関連記事
スポンサーサイト

 | ホーム | 

■ プロフィール

slowly

Author:slowly
keep slowly.
fishing.outdoor.coffeeroast.life.

■ 最新記事

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ QRコード

QR


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。